新刊のご案内

「還暦からの医療と法律」川人 明(医師)・川人 博(弁護士) 共著 2015年3月5日刊
安心して最終章を生きるために

「これから人生の終盤にさしかかるときに、どういう知識と考え方が必要か、ふたりで話し合ってさまざまな質問を設定し、私たちなりの回答を提示してみました。人生の後半期の諸問題にどう対処していくかについて、読者の皆様のお役に立つことができればこのうえない喜びです。」(まえがきより 川人 明)

「いつの日か、それぞれの専門性をいかしてふたりで一冊の本を出版したいと願っていましたが、このたびその夢が実現して嬉しく思っています。」(あとがきより 川人 博)
<発行所>連合出版 TEL 03-3292-8722 FAX 03-3292-8787 <定価>1600円(税別)

「過労自殺 第二版」川人 博 2014年7月18日刊

2014年,過労死等防止法成立.近年,20,30代の青年や女性たちの間にも,仕事による過労・ストレスが原因と思われる自殺が拡大している.なぜ悲しい犠牲が減らないのか.初版の内容を基調にしつつ,最近の事例や労災補償の有り様の変化,歴史の検証などを新たに盛り込み,法制定後に求められる防止策と善後策を具体的に示す.
<発行所>岩波書店  <定価>820円(税別)


「看護実践の科学 連載−還暦からの医療と法律」川人 明(医師)・川人 博(弁護士) 共著

60歳を過ぎたら,ゆったりとした人生を楽しむ・・・
多くの方が若い頃はそう想像していた「還暦」後の生活。
しかし現実には,仕事は続き,親の介護,子や孫の将来,自分の健康,家計のことなど,悩み事はつきません。これらの悩み事の多くは,超高齢社会,少子化社会などの共通の背景をもっているように思えます。
この連載では,還暦を過ぎてから直面していくさまざまなテーマについて,兄弟である医師と弁護士がそれぞれ実際の体験を活かして執筆します。

<発行所>看護の科学社 http://www.kango.co.jp/
  <定価>1200円(税別)


「過労死・過労自殺 労災認定マニュアル−Q&Aでわかる補償と予防」川人 博・平本紋子 共著 2012年4月27日刊

もし,家族が過労死したり,自殺にいたったら・・・。

どんな場合に労災と認められるのか?どの程度の補償を受けられるのか?申請や手続のしかたは?
具体的なQ&Aでわかりやすく解説。

※本書は,弁護士会館ブックセンターベストセラーランキング7位となり,日弁連新聞2012年9月号に紹介されました。
<発行所>旬報社  <定価>1200円(税別)


「プレニテュード−新しい〈豊かさ〉の経済学」 ジュリエット・B.ショア 著/森岡 孝二 監訳/川人 博 共訳 2011年11月29日刊


過重労働と過剰消費の悪循環は,バブルと経済破綻をもたらし,地球を不可逆的に痛めつけている.遅くなりすぎる前にその流れから脱出しよう.プレニテュードとは,環境に配慮した生産・消費のシステムと,個人のゆったりした暮らし方とが合致する新しい〈豊かさ〉のこと.具体的な事例を満載し,危機の中に希望を指し示す.


<発行所>岩波書店  <定価>2000円(税別)


「就活前に読む−会社の現実とワークルール」  宮里邦雄 川人博 井上幸夫 共著 2011年10月5日刊


就職情報サイトの情報やCMのイメージだけで就職先を選択するのは危険である。職場の実態はどうなているのか,企業はワークルールを守っているのか。労働問題に長く関わってきた弁護士が21の事例を示し,就活にあたってぜひ知ってほしいワークルールを38のQ&Aで説明した。この本を活用して人生の選択をしてほしい。


<発行所>旬報社  <定価>940円(税別)


「東大は誰のために−川人ゼミ卒業生たちは今」  川人博 編 2010年9月30日刊


「現場から考える」「様々な立場・意見を知る」そして世の中を確実に一歩前へ!東大教養学部の通称「川人ゼミ」(法と社会と人権ゼミ)。その卒業生たちは現実の社会に出て,今,何と格闘しているのか。手記を通して現代社会の課題に迫り,公と個人の生き方の関係をさぐる。


<発行所>連合出版 <定価>2200円(税別)


「豊かさの向こうに−グローバリゼーションの暴力」  V・A・ギャラガー 著  佐藤綾子/加藤 彰/川人 博 訳  2010年9月30日刊


「私たちは貧困を押しつけていないだろうか?危険を押しつけていないだろうか?」
世界の労働現場の実態を調査してきた著者が,マザーテレサの精神,解放の神学の立場で現代世界のゆがみを指摘し人々の覚醒を促す。


<発行所>連合出版 <定価>2200円(税別)


「弁護士専門研修講座 労働法の知識と実務」  東京弁護士会弁護士研修センター運営委員会/編
所収 W労災事件−過労死・過労自殺を中心にして− 川人博  2010年6月30日刊


弁護士研修センター運営委員会主催の「弁護士専門研修講座」書籍化シリーズ第12弾。平成20年秋冬に実施した『労働法』講座の講義録です。





<発行所>ぎょうせい <定価>3619円(税別)


「過労死・過労自殺大国ニッポン 人間の尊厳を求めて」 著者 川人 博 2010年6月2日刊

1990年代と2000年代を通じて,雑誌,新聞等で発表した論文,エッセイ,対談などの集大成。

第1章では,過酷な労働条件・環境が原因で事故死や自殺を遂げた人の遺族の相談活動で手がけたさまざまな具体例を紹介。医師,裁判官,パイロットなど,従来は表に出なかった社会的エリートの例も含まれる。

第2章では,北朝鮮による拉致問題をはじめ,さまざまな視点からの論考を展開。
<発行所>編書房 <定価>1500円(税別)


「テキストブック 現代の人権」 〔第4版〕  編著者 川人 博 2009年9月25日刊

1993年の初版発刊後,改訂を重ね,この度,最新事例をもとに第4版を発刊。
人権問題を考えるにはまず現実を知ることである。労働、環境、医療、刑事手続、報道などに関する人権問題を、社会の現場での弁護士・ジャーナリストの体験をもとに問いかける。
教育機関だけでなく,人権問題に関心を持つ多くの方々に読んでいただきたい1冊。

執筆者(執筆順) 
川人 博,須田洋平,安原幸彦,今井博紀,山口正紀,鬼束忠則,山下敏雅,菅沼友子,村 千鶴子,土井香苗,上柳敏郎
<発行所>日本評論社 <定価>2300円(税別)


「壊れゆく医師たち」 
岡井 崇・川人 博・千葉 康之・塚田 真紀子・松丸 正  2008年2月刊
夜勤明けの眠ることもできない状態で「いのちにかかわる」手術を行わざるをえない医師たち──年々深刻化する医師のハードワーク。それは,医師たちの心身の健康を破壊すると同時に,医療の質を低下させ,医療ミスの温床ともなっている。医療現場が抱えている困難を社会全体の問題として捉えなおし,解決の道筋を探る。
<発行所>岩波書店<定価>480円(税別)


「金正日と日本の知識人−アジアに正義ある平和を−」 川人 博 2007年6月刊

マスメディア注目の大論争!!「金正日サポーター」問題の核心がここにある

論争の真意を伝えるためにも、そして、平和と人権、平和と正義、憲法第9条と拉致等についての問題意識を明確にするための緊急出版。

<発行所>講談社<定価>700円(税別)


「ワーキング・プア−アメリカの下層社会−」 デイヴィッド・K.シプラー 著 森岡 孝二、川人 博、肥田 美佐子 訳 2007年1月刊

明日の日本を今日のアメリカにしないために−いま、必読の書

働いても働いても生活できない、それどころか、貧困の悪循環に陥り、生活がますます苦しくなっていく・・・。新自由主義経済の繁栄の片隅で何が進行しているのか。実力派ジャーナリストが低賃金労働者たちへの数年にわたる無数の聞き取りから、怒りをこめて告発する。出版されるなり、たちどころにベストセラーになった話題の書。
            

<発行所>岩波書店<定価>2800円(税別)


「これ以上、働けますか?−労働時間規制撤廃を考える−」 森岡 孝二、川人 博、鴨田 哲朗 2006年12月刊
40時間労働?そんなの夢のまた夢。サービス残業、ふろしき残業なんて序の口、休日出勤しても超過時間手当なんてもらったのは、いつだったっけ・・・。というあなた、こんなに過酷な毎日なのに、それでも会社は、まだあなたを働かそうとしている!現在目論まれている労働法改正の眼目は、労働時間の規制緩和だ。この改正で何がどう変わるのか?推進される「自律的労働」の内実を問う。
            

<発行所>岩波書店<定価>480円(税別)


「過労自殺と企業の責任」 川人 博 著 2006年7月刊
激増する働き盛りの自殺・・・あなたも過労自殺予備軍!?
数多くの過労自殺の弁護経験から、具体的な事例にもとづいて、働きやすい職場と企業の責任、自殺予防と労災補償のあり方を考える。

<発行所>旬報社 <定価>1600円(税別)


「公共哲学 18 組織・経営から考える公共性」  山脇直司・金泰昌 編 2006年5月8日刊 所収 発題III 過労死・過労自殺と公共性 川人博
公共世界を新たに構想するために
望ましい公共世界創出への組織・経営のあり方を共働探究
私を活かし組織の公共性につなぐ途を探る
企業、自治体、NGOなどの組織の経営について問い直し、企業の社会的責任、国の会計を含め、公共性を考察する。

<発行所>東京大学出版会 <定価>4700円(税別)


「死そして生の法社会学 第62号」シリーズ名 日本法社会学会年報 
日本法社会学会 編 2005年4月刊
シンポジウム・死そして生の法社会学(全体会『死そして生の法社会学』)
第1分科会『死と生にかかわる法と自己決定』
第2分科会『死の儀礼と法』
第3分科会『死の社会定義と法』 川人博 外
司法改革の視点(Japan’s New Law Schools:Elite,Cautious,Regional and Idealist)
世界の学界動向(中国の法社会学)
書評
<発行所>有斐閣 <定価>3200円(税別)


「北朝鮮の人権 世界人権宣言に照らして」  
ミネソタ弁護士会国際人権委員会・アジアウォッチ編 小川晴久・川人博訳 2004年10月25日刊
・法律家が北朝鮮の人権状況を包括的に論じた歴史的文書。
・独自に取材した証言及び厖大な資料をもとに、世界人権宣言の各条項に照らしてその問題点を具体的に指摘した。
・北朝鮮民衆の苦しみが痛い程伝わってくる人権ハンドブック。
・日本語版にあたり北朝鮮の現憲法・刑法を収録し詳細な訳注を附した。また原書刊行後の証言を巻末に引用紹介した。

<発行所>連合出版 <定価>2800円(税別)


「拉致と強制収容所 −北朝鮮の人権侵害」  
編者 北朝鮮による拉致被害者の救出にとりくむ法律家の会 2004年6月30日刊
基本的人権を守るべき弁護士たちが、明らかな人権侵害に反対の声をあげた一冊。2003年10月29日に行われた、市民・法律家を対象にしたシンポジウムの記録に加筆し、「特定失踪者」の人たちの写真・情報を多数収録。

<発行所>朝日新聞社 <定価>1200円(税別)


「テキストブック 現代の人権」 〔第3版〕 
                               編著者 川人 博 2004年4月20日刊
 1993年の初版以来、各大学のテキストに使っていただいている人権の入門書ですが、4月に3版を出版。今回の改訂版にあたっては、内外の情勢の変化、とりわけ人権と平和をめぐる状況の変化に対応し、執筆者が各章を全部または一部書き直しました。
<発行所>日本評論社 <定価>2400円(税別)


「臨床心理行為」所収 第12章 誰のために資格をつくるのか 川人博
                          氏原寛ら編・2003年7月刊

 心の専門家の仕事の資格問題をめぐる論争に関連して、弁護士活動の経験から法律家として問題提起。

<発行所>創元社 <定価>2800円(税別)

「窒息するオフィス 仕事に強迫されるアメリカ人」
(原題Jil Andresky Fraser : WHITE-COLLAR SWEATSHOP -The Deterioration of Work and Its Rewards in Corporate America-, W.W.Norton & Company Ltd., 2001)
             著者:ジル・A・フレイザー(ニューヨーク在住のジャーナリスト)
             訳者:森岡孝二,青木圭介,成瀬龍夫,肥田美佐子,川人 博
                                                 2003年5月刊

 90年代に空前の好景気にわいていたアメリカ経済の足下で、いったい何が進行していたのか。膨大な時間を仕事に費やし、家族と過ごせる時間はごくわずか、精神的やすらぎからは程遠く、仕事と生活の不安は高まるばかり、職場で生き残るだけで精一杯の日々。
 その姿は明日の私たち自身の姿なのか。グローバリゼーションと株価至上主義の向かう先の働き方は、こんなにきついものなのか? 対抗する手段はないのか。
 全米で大きな話題を呼んだ「ホワイトカラー搾取工場」からの生々しい衝撃のレポート。

<発行所>岩波書店 <定価>2300円(税別)


「逸失利益等の算定における中間利息控除率の研究
                     〜5%ライプニッツは適正か?〜」
  編集・発行 損害論研究会 代表世話人 川人 博・村田正人 2002年2月刊

 「はしがき」より
 交通事故をはじめ、医療事故、労災事故、過労死など、人のいのちと健康をめぐる事件において、人身損害をどのように評価し計算するかは、現在の裁判の重要なテーマである。この損害論は、被災者・遺族の生活補償にとって極めて切実な問題であるだけでなく、被害に対する損害賠償額の動向は、事件を防止するための予防努力とも深くかかわっている。
 本冊子は、ここ数年全国の裁判所で争われている、逸失利益算定の際の中間利息控除率に関して、論文・近時の判例分析・実務資料をまとめたものである。

<定価>1800円(税込)


「こんなふうに生きている ―東大生が出会った人々」
                            監修 川人 博・2001年12月刊
 川人ゼミ10周年記念出版
 社会へのスタンス 学生たちに語った 心にひびくインタビュー 

T君たちへ ―学生へのメッセージ 鳥越俊太郎・山田洋次・池上彰・佐高信・江川紹子・折口雅博・辛淑玉・鳥井一平・伊藤千尋・岡本潤子・川人博・福原義春 (12名)
U人権の現場から ―フィールドワーク
で出会った人々
水谷修・森元美代治・河野義行・高橋シズヱ・堀口暁子・小谷栄子・横田滋・横田早紀江・藤枝直美・片山徒有・木元康博 (11名)   
Vこんな風に生きている ―先輩たちに聞く 川人ゼミOB・OG (19名)

    はじめに―東大は誰のためにあるのか?
                         ―川人ゼミ10年の実践から―      
                                           川人 博

東京都目黒区駒場三−八−一。
東京大学教養学部駒場キャンパス。

ここは、大都市東京にあっても、異常な空間である。
渋谷から電車でわずか二分。
緑ゆたかな構内。春には桜が見事に咲き誇り、秋には銀杏並木がきれいに紅葉する。
敷地の中には、多くの教室・研究室の建物がある。ビデオやOA機器を備えた教室が年々増え、情報棟には学生が朝から夜までインターネットを無償で使用できるように、多くのパソコンが並んでいる。陸上競技場・サッカー場・テニスコートなどのグラウンド・体育館もそろっており、文化系サークルが使用できる会館も複数存在する。

この恵まれた空間は、一体誰のために存在するのであろうか。
東大の学生のためではない。教官のためでもない。ここは、この大学に来れない人々のために存在するのだ。
<発行所>花伝社 <定価>1980円(税別)


「人権を考える本5 労働者とその生命と人権」 徳住堅治、川人博著・2001年4月刊

 中学生向けの教科書副読本・参考書として執筆されたシリーズ。
 図解・読み仮名も付されており、わかりやすく編集されている。

<発行所>岩崎書店 <定価>2300円(税別)


「過労自殺」 川人博著・1998年4月刊
 「こんな部下で申し訳ありません。いのちに代えておわびします」
不況下の過重労働とリストラのなか、仕事が原因で死を選ぶ勤労者が増えている。責任感が強く職場に忠実な彼らを極限にまで追いつめる組織の倫理と社会の構図、過労死として労災補償を求める遺族に厳しい労働行政の現実などを、事例に即して分析し、防止策と善後策を示す。
<発行所>岩波書店 <定価>660円(税別)


「テキストブック 現代の人権(第2版)」 川人博編著・1997年4月刊
この事実をあなたは知っていますか。
あなたはどう考えますか?

 人権問題を論じるには、まず現実を知ることである。薬害エイズ、刑事手続、報道被害など現場での弁護士・ジャーナリストの体験をもとに、本書は問いかける。
<発行所>日本評論社 <定価>2400円(税別)


「いま、人権を読む」 川人博著・1996年4月刊
 人権問題に深い関心を持つ弁護士である著者が、法と人権、こどもと人権、くらしと人権、女性と人権など、さまざまな人権を、読者といっしょに考える。選択された本の中にはアッと驚く本が…。東大教養学部「法と社会と人権ゼミ」講師としても活躍中の著者の読書エッセイ。
<発行所>リブリオ出版 <定価>1600円(税別)


●主な著書・共著・訳書(上記以外)
過労死と企業の責任 川人博著 労働旬報社 90年11月 1400円
過労死と企業の責任 川人博著 現代教養文庫
社会思想社
96年1月 466円
過労死社会と日本 川人博著 花伝社 92年6月 1200円
国際交流のための英語
 ―人権・環境・平和のコミニュケーション
川人博外編著 大月書店 93年8月 1500円
『東大卒』20代の会社生活
 ―受験戦争の勝者たちは今―
川人博編 かもがわ出版 94年3月 1800円
現代社会と東大生 川人博編著 花伝社 95年6月 1748円
タイムショップ(小説) 川人博著 講談社 95年3月 1500円
KAROSHI国際版 過労死弁護団全国連絡会議編 窓社 90年12月 2580円
過労死! 過労死弁護団全国連絡会議編 講談社文庫 92年4月 400円
働きすぎのアメリカ人 森岡、成瀬、青木、川人訳 窓社 93年7月 2760円
世界人権の旅 川人博編著 日本評論社 97年2月 2060円
時代の流れから―いま、人権を読む 川人博著 リブリオ出版 98年3月 1800円
サラリーマンの自殺
 ―今、予防のためにできること―
川人博共著 岩波ブックレット 99年11月 440円
激増する過労自殺 過労死弁護団全国連絡会議外編 晧星社 00年9月 1800円
浪費するアメリカ人 森岡、成瀬、青木、川人訳 岩波書店 00年10月 2200円